Twitter facebook Instagram YouTube RSSで購読する

The Scientist - COLDPLAY名曲/代表曲解説・歌詞・制作裏話・シンガロングポイント

#COLDPLAY来日予習 タグを使って、来日公演でやりそうな曲の小ネタを Twitter で更新中です。書き出すとついつい長くなってしまうので、一曲毎にブログにまとめておきます。


The Scientist


art_thescientist

2ndアルバム『A Rush of Blood to the Head』に収録。

リバプールで調律が狂った古いピアノを見つけて、ジョージ・ハリスンの“Isn't It A Pity”を弾こうとするもうまくいかず、でもそれにヒントを得てコード進行が浮かんだ。

歌詞は、メンバーの親しい友人が辛い別れを経験したことに影響を受けている。ナサニエル・ホーソーンの『痣(The Birthmark)』との関連も伺える。

 

逆再生のビデオを撮影するために、クリスは一ヶ月かけて逆再生バージョンの歌詞を覚えた。

普通のバージョン YouTube

 

逆バージョン YouTube

 

しかし、サイモン・ペッグに会う度に「なんで事故った後街に行って昼寝するんだよ!?」ってからかわれるので、クリスは「もう見れない」そうです。

2002_11_04_CM

"He can fuck off" ♥

 

2009年日本ツアー最終日の神戸公演で「ミンナワー ヒャクマンドルーノー ヤケイダー」と熱唱。 Youtube

 

なんでこんなことになったかはこちらを参照 Youtube

 

Come up to meet you, tell you I'm sorry
You don't know how lovely you are

I had to find you
Tell you I need you
Tell you I set you apart

Tell me your secrets
And ask me your questions
Oh, let's go back to the start

Running in circles
Coming up tails
Heads on a science apart

Nobody said it was easy
It's such a shame for us to part
Nobody said it was easy
No one ever said it would be this hard

Oh, take me back to the start

I was just guessing
At numbers and figures
Pulling the puzzles apart

Questions of science
Science and progress
Do not speak as loud as my heart

Tell me you love me
Come back and haunt me
Oh, and I rush to the start

Running in circles
Chasing our tails
Coming back as we are

Nobody said it was easy
Oh, it's such a shame for us to part
Nobody said it was easy
No one ever said it would be so hard

I'm going back to the start

コメントはこちらからどうぞ

コメントを投稿