Twitter facebook Instagram YouTube RSSで購読する

コールドプレイのドキュメンタリー映画 Amazonプライム・ビデオで配信開始!リンクはこちら

Yellow - COLDPLAY名曲/代表曲解説・歌詞・制作裏話・シンガロングポイント

#COLDPLAY来日予習 タグを使って、来日公演でやりそうな曲の小ネタを Twitter で更新中です。書き出すとついつい長くなってしまうので、一曲毎にブログにまとめておきます。


Yellow


yellow

1stアルバム『Parachutes』に収録。

ウェールズでShiverのレコーディング中にマイクが壊れてしまって、待っている間、クリスがギターで弾いてみたコードが気に入ってニール・ヤングっぽく歌ってみたのが始まり。

星の多い夜だったから "Look at the stars" と。

他のみんながいる部屋に駆け込んで「どう思う!?」と聞いたら、彼らはサッカーゲームに夢中で「あーいいんじゃない?」と軽く流される。

だからクリス一人でバスルームに篭って、そこで "Your Skin~" のコーラスが出てきた。

以上2011年ハワード・スターンのインタビューより。

Yellowについては色んなところで色んなことを語っていて少しずつ話が違うのですが、The South Bank Showではサッカーゲームではなく「トットナム(←ジョニーがファン)の試合に夢中だった」と言っていました。

yellow1yellow2yellow3yellow4

 

歌詞がどういう意味かはクリスにも分からない。

誰もこの意味分からないだろうなって思った。だって星ってイエローじゃないよね。意味というよりもっと感覚的なもの

また、

その頃誰かと付き合っていたわけではなく、全ての女性について歌っている

そうです。

 

Yellowのビデオはビーチで大勢のエキストラと共に撮るはずでしたが、ウィルのお母さんが亡くなり葬儀の日と重なってしまい、更に大雨になったため、クリスが一人で撮影。

ガイ曰く「雨のビーチでのBitter Sweet Symphony」

YouTube

 

 

Look at the stars
Look how they shine for you
And everything you do
Yeah, they were all yellow

I came along
I wrote a song for you
And all the things you do
And it was called yellow

So then I took my turn
Oh what a thing to have done
And it was all yellow

Your skin
Oh yeah, your skin and bones
Turn into something beautiful
You know, you know I love you so
You know I love you so

I swam across
I jumped across for you
Oh what a thing to do

'Cause you were all yellow
I drew a line
I drew a line for you
Oh what a thing to do
And it was all yellow

Your skin
Oh yeah, your skin and bones
Turn into something beautiful
You know, for you I'd bleed myself dry
For you I'd bleed myself dry

I's true
Look how they shine for you
Look how they shine for you
Look how they shine for
Look how they shine for you
Look how they shine for you
Look how they shine

Look at the stars
Look how they shine for you
And all the things that you do

コメントはこちらからどうぞ

コメントを投稿