Twitter facebook Instagram YouTube RSSで購読する

[Coldplay] ニューアルバム "Mylo Xyloto" 10/24リリース。発音と意味は?+ニューシングル "Paradise"



ようやく5thアルバムのタイトルと発売日が発表されましたが、どちらも噂通りでつまらん!なんつって~

New album, Mylo Xyloto, out on October 24

それよりも、クリスが6月30日のインタビューで、「6週間以内にアルバムタイトルを発表するよ」と言ってから、本当に6週間後に発表されたことが驚きでした。
「理解に苦しむ」「一生に一度の出来事」とか言われてて笑った。


ポップアップアートやらスタジオダイアリーやらパーソナルノートブックやらがつくというPop-Up Album versionがほしいです!いくらするんだろ・・・





さて、Mylo Xylotoの発音なんですが、MYとXYは分かるんだけど、Oの発音が曖昧で分かりにくい。
クリスが書いてくれた発音記号にネイティブの方もこんがらがってましたが、正確に読むと、マイロゥ・ザイレ(ラ)トウになるのかな?こんな感じみたいです。 Listen♪
Xylophone の発音と同じ感じかな?

カタカナ表記だとマイロ・ザイロト?(まさか邦題つかないよね?笑)

クリスの発音記号を見ずに普通に読むとこうなりますよね。
Coldplay 'Mylo Xyloto' Album Coming in October

クリスがLollapaloozaのFix Youの途中で、Mylo Xyloto!!って叫んでるんじゃないかって話題になってましたけど、ほんとにそう言ってるんだとしたら、自分が書いた発音記号と全然ちがうよね。上の女の人の発音と似てる。
Coldplay - Fix You recorded live at Lollapalooza, August 5th, 2011

めんどくさい発音記号なんて書かずにビデオで告知してくれれば一発だったのに。
もうMXでいいよ。




次に、Mylo Xylotoの意味ですが・・・

ファンの皆様のリサーチのおかげで、MyloというUKのストリートアーティストがいて、Xyloという、同じくUKのストリートアーティストのグループがあるってことはわかった。

Xyloには色々意味がありそうで、こんなのも...
Xylo - CCTV swastika / Flickr: Xylo

このMyloは同じ人なのかな? MYLO: Graffiti trail

アルバムタイトルと彼らが関係あるのかは分かりませんが、Xylo street art というページを見ると、アルバムジャケットに使われているフォントとか、ライヴで使われている観覧車みたいな丸い物体(もっと言い方ないのか)とか、Major Minusの歌詞とか、グラフィティとか、偶然とは思えないような・・・? 

[2011/8/19 追記]
スミマセン!Oracleによると、全く関係ないらしい~笑

[2012/1/6 追記]

この記事へのアクセスが増えているみたいなので、一応書いておきますが、これはメンバーの話を聞く前に、ファンが憶測で話していたことなので、全く正しくありません。
また詳しく書けたら書きますが、Mylo Xylotoとは、Coldplayが創りだした新しい言葉で、Googleで調べても何も出てこない、このアルバムだけを意味する言葉にしたかった、とのこと。
アルバムのテーマやストーリー、アートワークなど、このアルバムをとりまく世界すべてを意味するもので、どんな意味でとらえてもらってもいい、と語っていました。
色んなストリートアーティストの作品を見ているうちに思いついたようです。

トラックリストのヒントは で。
アルバムジャケットのグラフィティにも色々隠されていそうですね。

クリックで超拡大。(3152 x 1562)
CP-MX 


アルバムタイトルと同時に、次のシングルがParadiseで、9月12日にリリースされると発表されました。

気になるのはフィルのツイート。

Weird sense of relief announcing Mylo Xyloto and release date..Paradise, Up in flames, Princess of China - let's get em out there! PH

Up in flames と Princess of China は、Paradise のBサイドなのか、3つともシングルになるのか、それとも、みんなアルバムに入るってことなのか。
まぁとにかく全部聴けるみたいなので安心しました。

Princess of China は最初のフェス、Rock im Parkだっけ?そこで一度だけ披露された曲。クリスが変な踊りしてました。(いつも以上にってことです)

Up in flames は、日本に来る直前にクリスが書いていた曲で、J-waveのインタビュー(yukiさんありがとー!)で、東京のスタジオでレコーディングをしたと言っていた曲。そこで、日本の要素が入っているとか言ってたけど、あれ冗談か本気かわかんなかった。笑
オーストラリアのインタビューでも、最後の足りないピースとか言っていたし、アルバムに入るんじゃないかな。

(全然関係ないけど、MTV NZのクリスとジョニーのインタビュー、っていうかETIAWのビデオ見ながら二人で勝手にしゃべってるやつ、Clippin’ だったかな?超かわいかったです。リンク見つけられなくてすみません...)


Roadie 42のブログにあったように、Mat Whitecrossが、ビデオを撮るために日本、オーストラリア、アメリカと付いて回っていたようですが(スタジオライブでもフジロックでも見ました)、シングルのビデオに使われたりするのかな~♪

六本木でなぜかタクシーをバックに撮っていたあの写真も、何かに使われるんだろうか・・・