Twitter facebook Instagram YouTube RSSで購読する

‘True Love’ (Coldplay) クリスのGhost Stories解説和訳+歌詞 ジョニーへの愛、ティンバランドとのコラボ、大勢ではなく一人に対して

True Loveのビデオ、クリスなりの考えがあるのかと思ったら、曲と合ってるのか自分でも分からないんかーい! 抄訳・・・のつもりが、ジョニーへの愛が炸裂している中盤以降面白くて殆ど訳しちゃいました。

クリスとジョニーといえば、18日に行われたCommunities In Schools of Los Angelesの資金集めコンサートで、Clocks / Paradise / A Sky Full Of Starsの3曲をパフォーマンスしておりました♪ 動画はこちらにまとめています。


Beats Music クリス・マーティンのインタビューより

Ghost Stories True Love

ビデオについて

True Loveのビデオと曲は、調和しているのか自分でもよく分からないんだけど、何年か前に子供達とサーカスに行って、ファットスーツを着てすごいアクロバットをやっている人達を見たんだ。そのファットスーツを作っている人と連絡を取って、僕達のビデオのために作ってくれないか頼んだんだよ。それを使ったラヴストーリーを作れたら素敵だなって思ったんだ。



大勢ではなく一人に対して

“Ghost Stories” と聞くと、一人の人間が一人の人間に対して語っているように聞こえるよね。ライヴで大勢の人にどのように聞こえるかではなく、それよりも一人の相手に対してどのように聞こえるかということを考えた。


ジョニーのギター

僕達のバンドがスタートした理由はジョニーのギターがあったから。彼は僕には思いもつけないもので驚かせてくれる。それは会話のようで、多くの曲でやってきたことだけど、僕がメロディーを歌ってみて、その後彼がどんなものを思い付くか僕には知る由もない。そして殆どの場合、その曲を好きにならせてくれる。メロディーを書く彼なりのやり方があって、それが完璧なんだ。ジョニーの演奏が本当に大好きなんだよ。

僕たちは彼にいつかソロをやれよってずっと言ってきたんだけど、「いやいやソロはやらないやらない」って言っていた。でもこの曲でやらせることができたと言ってもいいかな。彼が山の頂上に立つ瞬間なんだ。

だからバンドっていうのは世界一の仕事なんだよ。自分では思いつけないものを親友がもたらしてくれて、それを全てつなぎ合わせると、オプティマス・プライムが得られるんだ!(なんでここでオプティマス・プライム?w)


ティンバランドとのコラボレーション

ティンバランドとはずっと前に、ボウルに盛られたフルーツ越しに会ったんだ。彼はそれを朝の4時に貪り食ってたんだけど、それからネリー・ファータドのために一緒に曲を書いた。この人好きだなーって思ったよ。

去年彼がJay Zと一緒にツアーをやっていた時、ロンドンで一緒にスタジオに入った。日曜日にね。音楽という共通の趣味があるから、みんなでオフの日にスタジオに入ったんだ。彼と一緒に働くのはすごく楽しくて、沢山刺激を受けたよ。

その日の終わり頃になって、「この曲 (True Love) 何かしっくりこないんだ」と言ってみたら、「やってみよう」と言ってウィルを手伝って、1つのバスドラムのサウンドを作ってくれたんだ。他の部分のビートは既にウィルが作っていたんだけど、彼がこのバウンスをもたらしてくれたんだよ。



Jay ZとTimbalandといえば、ロンドンの地下鉄にこんなメンツで乗り込んでたことがありましたねー。一緒にスタジオに入ったのもこの時でしょうか?

jay-z-chris-martin-timbaland-subwayjay-z-waterloo2


For a second I was in control
I had it once I lost it though
And all along the fire below would rise
And I wish you could have let me know
What’s really going on below
I’ve lost you now, you let me go
But one last time

Tell me you love me
If you don’t then lie
Oh lie to me

Remember once upon a time
When I was yours and you were blind
A fire would sparkle in your eyes
And mine

So tell me you love me
If you don’t then lie
Oh lie to me
Just tell me you love me
If you don’t then lie
Oh lie to me
If you don’t then lie
Oh lie to me

Call it true, call it true love
Call it true, call it true love




[Coldplay] クリス・マーティン本人によるGhost Stories各曲解説訳 日本の金繕い、人生観を変えたルーミーの詩について

Ghost Stories各曲解説訳 日本の金繕い、人生観を変えたルーミーの詩について


“Always In My Head” (Coldplay) クリスのGhost Stories解説和訳(5) 安いヤマハのキーボード、あるべきじゃない音、子供達

“Always In My Head” 安いヤマハのキーボード、あるべきじゃない音、子供達

'Magic' (Coldplay) クリス・マーティンのGhost Stories解説和訳(6) 友達としてもバンドとしてもお互いのために何でもやる。

“Magic” 友達としてもバンドとしてもお互いのために何でもやる。

“Ink” (Coldplay) クリス・マーティンのGhost Stories解説訳(3) “See You Soon”の弾き方を思い出そうとしていて出来た曲。

“Ink” “See You Soon”の弾き方を思い出そうとしていて出来た曲。

‘Midnight’ (Coldplay) クリスのGhost Stories解説和訳(10) 歌詞とサウンド、そしてアルバムの到達地点

“Midnight” 歌詞はレナード・コーエンのAnthemで知ったルーミーの引用、サウンド、アルバムの到達地点

‘Another’s Arms’ (Coldplay) クリスのGhost Stories解説日本語訳(9) ヒップホップの影響、女性の声の謎

“Another’s Arms” カニエと働いているマイク・ディーン、ヒップホップの影響、女性の声の謎

‘Oceans’ (Coldplay) クリス・マーティンのGhost Stories解説日本語訳(8) 桟橋のイメージから、信頼について歌った曲

“Oceans” 桟橋を通って旅にに出るイメージから、信頼について歌った曲

A Sky Full Of Stars (Coldplay) クリスのGhost Stories解説和訳(4) 戸惑うウィルを説得するクリス(動画とその補足)

“A Sky Full Of Stars” 戸惑うウィルを説得するクリス(動画とその補足)

“O” (Coldplay) クリス・マーティンのGhost Stories各曲解説日本語訳(2) タイトルは 『The Missing Piece Meets the Big O』から

“O” タイトルは 『The Missing Piece Meets the Big O』から